diskunion吉祥寺店
音楽書籍専門店 bookunionも併設し、オールジャンルのCD、レコード、映像、音楽Tシャツ、グッズを取り揃え、様々な音楽カルチャーに巡りあえる大型総合店です。TEL: 0422-20-8062 営業時間:11:00-21:00(日・祝11:00-20:00)
diskunion新宿中古センターTwitter diskunion新宿中古センターInstagram diskunion新宿中古センターLINE

12/12(土) HOUSE OF LIQUID:House回帰元年(!?)のトリを飾るにふさわしい異端児、DJ Hausが遂に単独初来日!

HOUSE OF LIQUID
House回帰元年(!?)のトリを飾るにふさわしい異端児、DJ Hausが遂に単独初来日!
迎え撃つは寺田創一、DJ TASAKA、GONBUTO、MOODMAN!!!! 





2015年のクラブミュージックシーンのキーワードは実は全方位的にHouseだったといえるのではないだろうか。ヨーロッパではDeep House回帰が叫ばれ、アメリカでもMister Saturday Nightなどの新興レーベルは更に勢いを増し、L.I.E.S.やFuture Times、Lobster Theremin、The Trilogy Tapesなどオルタナティブ/エクスペリメンタルなハウスを打ち出すレーベルのリリースは早耳のリスナーたちを釘付けにしている。またEDMシーンにおいてもこれまでにないほど、Houseに注目が集まったのも今年の大きなトピックだったといえるだろう。更にいえば、BeatsシーンのアーティストにもHouseの流れが広まっていったり、枚挙に暇がないほどダンスミュージックが全方位的にHouseに回帰していった2015年のHOUSE OF LIQUIDのトリを飾るのはUKのHouseシーンの異端児DJ Hausである。

元々はHot Cityというデュオでカットアップディスコサウンドや2 Stepの流れを汲んだ洗練されたサウンドで知られていたが、2012年にDJ Hausに改名し自身のレーベルUnknown to the Unknown(UTTU)を設立。一気に初期House的なラフ&ワイルドなサウンドを打ち出していくこととなる。その後も新たにもう1つ自身のレーベルHot Haus Recを立ち上げ数々のアーティストを急ピッチでリリースしていっている。その2つのレーベルからは前述のUSのL.I.E.S.からもリリースを行う、Willie BurnsやFuture Times主宰のMAX D、オーストラリアの鬼才でDro Carey名義でもユニークなエレクトロニックミュージックのリリースを続けるTuff Shermなど一癖も二癖もあるアーティストがリリースを行っている。またMumdanceやSlackkという最先端のGrimeプロデューサーやUK Garageの人気プロデューサーDJ QがHausとのユニット、Trumpet & Badman名義でリリースするなど、Houseというジャンルを越えて面白いアーティストをピックアップし続けているのもHausを知る上で欠かせないポイントだろう。一方自身ではUKの名門Rinse、オランダのアンダーグラウンドシーンを担うCloneなどからChicago House直系のファンキーで初期衝動的なグルーヴをUKのベースミュージックでコーティングしたような唯一無二のトラックを連発している。そんなUKが生んだ異端児がロングランパーティーHOUSE OF LIQUIDに新風を吹かすと共に現在のHouseの持つ多様性とシンプルな快感を呼び覚ましてくれるだろう。

そして共演は日本のHouseシーンの先駆者であり今年リリースされたRush Hourからのアルバムによって世界的な再評価を巻き起こしているSoichi Terada House Set、今年自身のレーベルからアルバム「Upright」をリリースし、懐の深いファンキーなプレイでオーディエンスを常に歓喜させるDJ TASAKA、そのハードコアなパーティー経験を持ち計算不能なプレイで常に驚きをもたらしてくれる若手Gonbuto、そして長きに渡りこのパーティーのレジデントをつとめるMr. HOUSE OF LIQUID、MOODMANが登場する。またTシャツや靴下のリリースからC.EのパーティーなどでのVJを行うクルーBaconのメンバーでDJとしても活動するPooteeと、アーティストグループ20TN!を主宰し映像、グラフィック、音楽など様々なメディアで活動を行う浮舌大輔というVJとしてもオルタナティブな表現を追求する2人がメインフロアを彩る。来たる2016年は更にHouseがダンスフロアの真ん中に躍り出てくるだろう、その前に今のHouseが持つ圧倒的な勢いを年の終わりのHOUSE OF LIQUIDで早めに体感しておくのは全ダンスミュージックファンにとって正しい行いであるに違いない。(和田哲郎)


feat.
DJ Haus(Unknown to the Unknown/Hot Haus/Rinse)
Soichi Terada House Set
DJ TASAKA(UpRight Rec.)
Gonbuto(JCC)
MOODMAN(HOUSE OF LIQUID/GODFATHER/SLOWMOTION)
VJ:Pootee、浮舌大輔(20TN!/NICE AIR PRODUCTION)

2015.12.12 saturday night
LIQUIDROOM
open/start 23:30
adv.(10.31(sat) on sale!!)* 2,500yen / door 3,500yen(with flyer 3,000yen) ※HOUSE OF LIQUID MEMBERS/UNDER 25→2,500yen
*PIA[P-code 280-618]、LAWSON[L-code 78763]、e+<http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002173035P0030001>、
DISK UNIOIN(SHIBUYA CLUB MUSIC SHOP/SHINJUKU CLUB MUSIC SHOP/SHIMOKITAZAWA CLUB MUSIC SHOP/KICHIJOJI)、
JET SET TOKYO、Lighthouse Records、LOS APSON?、TECHNIQUE、clubberia(11.2(mon)~)、RA、LIQUIDROOM

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。(You must be 20 and over with photo ID.)

info
HOUSE OF LIQUID https://soundcloud.com/house-of-liquid https://www.mixcloud.com/house-of-liquid
LIQUIDROOM 03-5464-0800 http://www.liquidroom.net



▼DJ Haus(Unknown to the Unknown/Hot Haus/Rinse)
UK出身のDJ Haus aka Bossmanは自らが主宰し熱狂的な支持を集めるレーベル"Unknown to the Unknown"やRinse FMのレギュラー番組を通して独自のハウスミュージックを提唱し続けてきた。Clone, CremeOrganization, Ultramajic, Rinseなどの厳選されたレーベルとの活動を続けてきており、Ben UFO, Jimmy Edgar, Skream, Jackmasterを含め多くのトップDJの支持を受ける彼はハウスミュージックシーンにおいて独自の地位を獲得している。

Faux-Teutonic DJ, the DJ Haus aka Bossman of hyped underground label Unknown to the Unknown has been laying foundations for his unique take on house music via his regular show on Rinse FM. Operating within a tight network of labels: Clone, CremeOrganization, Ultramajic & Rinse, DJ Haus has carved out a unique space in house music gaining support from the likes of Ben UFO, Jimmy Edgar, Skream, Jackmaster & many more.

https://soundcloud.com/hothausrecs
http://unknowntotheunknown.bandcamp.com
https://twitter.com/djhausuttu
https://www.facebook.com/unknowntotheunknown



▼Soichi Terada House Set
1988年より自主レーベル〈Far East Recording〉を主宰、さまざまな題材をモチーフにリミックスやオリジナルを発表してきたが、2015年にアムステルダムの〈Rush Hour〉より90年代前半のハウス音源が再発されることになり、それを機会にハウスセットのライブ活動を開始。

Soichi Terada has long been a bastion of charming deep house in the Far East. A recent showcase of his work by Hunee on the Rush Hour label, though, has turned a western audience on to his pleasingly naive yet emotionally resonant sound, and as such he is now heading over with a full live show. Over the course of a long career that dates back to the ‘80s, Terada has been responsible for the soundtracks of computer games like Ape Escape, as well as for countless great releases on his Far East Recordings label alongside good friend Shinichiro Yokota.

Rather than just copying historical house greats, Terada has continually cooked up his own unique sounds that come laden with lush pianos and rich with diva vocals that really make them stand out. Ranging from cute and bouncy to chilled out and deep via jazzy and soulful, he has a broad sound palette that is full of humour and real character. Tracks like Larry Levan backed ”Sun Shower," which he produced in 1989 for the Japanese singer Nami Shimada, are full of magical melodies and proper arrangements and never fail to connect with dancers and DJs alike. His live show will re-create these classic old tracks as well as those from the Rush Hour compilation in spectacular fashion.

http://www.fareastrecording.com/mt


▼DJ TASAKA(UpRight Rec.)
1974年、東京都生まれ。中学生の頃にヒップホップに出会い、ターンテーブルとミキサーを手に入れる。18歳になってから本格的にクラブでのDJをはじめ、その頃ダンスミュージックとしてのテクノに多大な影響を受ける。2001年にDJ MIX CD『LOOPA MIX mixed by DJ TASAKA』をリリース。同年、ドイツ屋内レイヴ“MAYDAY”に出演。2002年にはファーストアルバム『PASSPORT  FOR DISCO』をリリース。その他に数々のリミックスとプロデュースを手掛けるなど幅広く活躍。2005年夏には、全て自身のオリジナルトラックを使ってLIVE MIXしたアルバム『GO DJ』をリリース。2006年にはアルファとのユニット“アルファ&DJ TASAKA”のアルバム『ホットカプセル』や、KAGAMIとのユニット“DISCO TWINS”のアルバム『TWINS DISCO』をリリース。2009年7月ソロアルバム『Soul Clap』をリリース。WIRE10やSUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVALなどでLIVEセットを披露した。2010年にはドイツのMuller Recordsからもヨーロッパ盤『Soul Clap』がリリース。2011年には変名でドイツのKICKBOXERよりリリースしたniconeとの共作が話題に。2012年にはベルリンのmoensterboxより新作がリリースされた。2013年にはSUGIURUMNが立ち上げたBASSWORKS RECORDINGSよりEPを2タイトルリリース。2015年7月、自身の立ち上げたレーベルUpRight Rec.からアルバム「UpRight]をリリースした。

DJ Tasaka has been leading the ever evolving Tokyo House/Techno scene for over a decade now. Born in Tokyo in 1974, Tasaka’s musical endeavor started when he discovered hip hop and bought himself a DJ mixer and a pair of turntables in his early teens. After he turned 18, he started playing in clubs, and around the same time he discovered and was heavily influenced by techno music. In 2001, he released his highly acclaimed mix CD “LOOPA MIX mixed by DJ TASAKA”. In the same year, he was chosen to play at “MAYDAY”, a massive indoor rave in Germany. In 2002, he released his first album “PASSPORT FOR DISCO” that was well received all across the world. After the album, he has produced for many artists and remixed a countless number of tracks. In 2005, Tasaka took his art to the next level with album “GO DJ”. It was a live mix CD of all original DJ Tasaka tracks; just what the scene was waiting for. In 2006, Tasaka teamed up with rap group アルファ(Alpha) and released the album “ホットカプセル”(Hot Capsule) as “アルファ(Alpha)&DJ TASAKA”. Also in 2006, he got together with the late KAGAMI, who was another hotshot in the Tokyo scene, called themselves “DISCO TWINS” and released the wittingly titled album “TWINS DISCO”. After the collaboration phase, DJ Tasaka went back into his studio solo, and in July 2009, graced the world with his highly anticipated solo album “Soul Clap”. His live sets at WIRE10, SUMMER SONIC, RISING SUN ROCK FESTIVAL, and many more drove the crowd absolutely crazy. In 2010, European edition of “Soul Clap” was released from Muller Records in Germany further pushing the sounds of DJ Tasaka to the world. In 2011, Tasaka collaborated with nicone and released “Omikoshi” under alias “NICONE/TAZAKA” from German label KICKBOXER. He also released an EP from German label monsterbox in 2012. In 2013, Tasaka released 2 EPs from BASSWORKS RECORDINGS the label his longtime friend SUGIURUMN started. In July 2015, Tasaka released his brand new album “UpRight” from his newly launched label ”UpRight Rec.”. As the leading figure in the Tokyo club scene, DJ Tasaka continues to push the boundaries and shows no sign of slowing down.

http://www.djtasaka.jp



▼Gonbuto(JCC)
2009年よりDJ開始。Maltine Recordsのアジテーターとして日々インターネットでオブスキュアな活動をしている。Amen Acid Disco House Techno Jungle Gabba Hardcore。

As the covert key player in Japan's internet music scene, Gonbuto is a man known to those who know. With his cynical and obscure point of view and deep knowledge in music, he has gained trust from many stakeholders in Japan's internet music youth culture. He also holds a unique roll as the agitator for Maltine Records, the internet music powerhouse and the pioneer of the "net label" movement. Gonbuto started DJing in 2009 as DJ少年院(literally meaning "DJ Juvenile Detention Center"), and later on switched his alias to "Gonbuto", what he goes by on the internet. Gonbuto has a wide range of musical interests including Amen, Acid, Disco, House, Techno, Jungle, Gabba, and Hardcore just to name a few.

https://twitter.com/gonbuto



▼MOODMAN(HOUSE OF LIQUID/GODFATHER/SLOWMOTION)
80年代末に活動開始。高橋透、宇川直宏とタッグを組んだGODFATHER、HOUSE OF LIQUID、SLOWMOTION等のレジデントパーティーの他、TAICOCLUB、Freedommune、Raw Lifeなど、インディペンデントな屋外フェスへ多数出演。記念すべき第一回のDJを担当した〈Dommune〉では、自身の番組Moodommuneを不定期で放送している。2013年、約6年ぶりにオフィシャルミックスCD『SF mixed by MOODMAN』を発表した。

Starting his DJ career in the 80s, Moodman has crafted his career through parties like GODFATHER which he created with legendary Tohru Takahashi and Naohiro Ukawa, HOUSE OF LIQUID, and SLOWMOTION. He has also performed highly acclaimed sets in many independent music festivals including TAICOCLUB, Freedommune, Raw Life to name a few. In 2010, he was chosen to be the very first DJ to play in internationally recognized internet broadcast station "Dommune". He now hosts his own program "Moodommune" on Dommune irregularly. In 2013, Moodman released "SF mixed by MOODMAN", his first official mix CD in 6 years.

https://twitter.com/moodman10



▼Pootee
---


▼浮舌大輔(20TN!/NICE AIR PRODUCTION)
still and moving image artist

http://20tn.tumblr.com



お問い合わせはコチラまで
◇TEL:0422-20-8062
e-mail:
dkp@diskunion.co.jp  
中央線・井の頭線沿線 にお住まいのみなさま!お売り下さい!
CD LPレコード アナログ DVD ブルーレイ 音楽本 音楽書籍 などの買取 下取りを行って おります!
吉祥寺・中野・立川・三鷹・武蔵境・荻窪・高円寺・阿佐ヶ谷・武蔵野・石神井・田無・
小金井・西東京・小平・国分寺・国立・八王子・調布・府中・多摩・杉並・練馬・世田谷 ・
浜田山・久我山・高井戸・桜上水・千歳烏山・永福町・明大前など出張無料査定いたしま す。
CD、LPレコードの買取は50年の中古査定実績、安心・信頼のディスクユニオンへお任 せください。
※詳しい条件等はお問い合わせ下さいませ。
 

拍手[0回]

■アクセス

<アクセス方法>
JR・京王線吉祥寺駅北口より
徒歩3分 元町通りタカキュー隣り
「パレスビル」2F

■買取アップキャンペーン

【ディスクユニオン吉祥寺店】アルバイト募集のお知らせ

■吉祥寺各店 駐車場サービス始めました!

■ロック高価買取リスト













ロック中古情報まとめブログ

■U.S. BLACK DISK WANT LIST VOL.2

■SOUL,FUNK,RARE GROOVE 45 WANT LIST 2017

■HIPHOP WANT LIST

■BRASIL VINTAGE VINYL WANT LIST 2017

■プロフィール


ディスクユニオン吉祥寺店
〒180-0004 
武蔵野市吉祥寺本町1-8-22 
パレスビル2F 
営業時間:11:00~21:00(日祝~20:00) 
TEL:0422-20-8062 
e-mail : dkp@diskunion.co.jp
ディスクユニオン吉祥寺買取センター 
買取専用フリーダイヤル 0120-17-8063 
※携帯電話の方は 0422-20-8063 
・e-mail:dkp@diskunion.co.jp

bookunion_logo.jpg











bookunion吉祥寺店
(disk union吉祥寺店内)


 

■中野店リニューアルオープン!

■ご意見ご要望

twitter FOLLOW ME!

最新情報を毎日つぶやき中!!

ブログ内検索

忍者カウンター